検索
  • T.A

北信濃を巡る旅・1日目

今日から1学期最後の宿泊を伴う活動『北信濃を巡る旅』の活動が始まりました。長野県は北信、東北信、中信、南信と大きく4つに分けることができますが、大きな長野県ですから、それぞれ文化や気候、言葉なども違います。子どもたちが暮らしているここ大岡は、北信地域に属していますが、大岡を離れて、他の北信地域の文化や自然を知ろう!ということでこの活動をしています。前日のミーティングで北信地域の地勢や文化、自然の話しを子どもたちにして、子どもたちは楽しみでワクワクドキドキの状態でした。出発当日の起床後は、テキパキと行動して出発準備をして、センターを後にしました。まず最初に訪れたのでは、志賀高原にある信州大学自然教育園を訪れ、約5kmのトレッキングを行いました。途中ではヒカリゴケや高層湿原でのニッコウキスゲの開花をみることができ、大岡にはない自然を知ることができました。







志賀高原からは戸隠に向かい、戸隠神社の中社を参拝しました。



中社の後は子どもたちが楽しみにしていた、戸隠流忍法博物館を見学し、忍術について勉強したり、からくり屋敷、手裏剣道場などで楽しみました。




1日楽しく過ごして、今日の宿泊は鬼無里にある宿に泊まりました。ご飯も美味しくて、丁度打ち上げ花火も観られて、最高の1泊目になりました。




閲覧数:158回0件のコメント

最新記事

すべて表示