検索
  • T.A

第24期生収穫祭

第24期生収穫祭が無事終わりました。コロナ渦の中、規模を縮小しながらも開催し、大勢の方が子どもたちの発表をご覧になって、『とても感動したよ』『元気がもらえたよ』とお褒めの言葉を多くいただきました。1日目の午前中は、子どもたちが育てた稲の脱穀作業を親子で行い、また収穫したもち米で餅つきをしてお昼ご飯に全員でいただきました。

午後には『自然の神様に感謝をする会』を行い、1年間の田畑の収穫の感謝、子どもたちの心の収穫への感謝の式を行いました。

その後は4月から子どもたちが取り組んできた農事暦の発表、個人体験発表、創作民話劇の上演、太鼓・踊りの発表があり、自分の成長した姿を表現して、感謝の気持ちに替えるという気持ちで、子どもたちが本気で取り組む姿に、沢山の拍手を頂きました。


2日目は天候にも恵まれ、アルプスが目前に広がる中で、保護者会の皆さんの主催で、収穫祭バザーが開かれました。受け入れ農家の皆さんも農作物を出店していただき、模擬店やバザーに、地域の皆さんが大勢楽しまれていきました。 学園生は1学期からこの収穫祭の準備をしてきて、15人全員で力を合わせて収穫祭を成功させた達成感でいっぱいの様でした。 本当によく頑張りました!






255回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示