top of page
検索
  • T.A

野沢菜本漬け

信州の代表的な郷土食はいくつかありますが、漬物と言ったら野沢菜漬けです。大岡ではどの農家でもこの時期にお菜漬けをします。野沢菜は3回霜にあてると柔らかくてノリ(ネバネバ)が出ると言われていて、センターも霜が下りる12月に漬けることにしています。まず畑に行って野沢菜の収穫です。寒さで凍った野沢菜を丁寧に収穫し、センターに持ち帰り洗って塩漬けにしていきます。センターでは野沢菜の素などは使わず、昔ながらの塩漬けにしていきます。樽にぎゅうぎゅうに詰めながら漬けていき、最後は重石をのせて終了です。2週間ほどしたら味見ですね!楽しみ!







閲覧数:81回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page