検索

基本的生活習慣の指導


 入園のつどいから1週間が過ぎました。子どもたちは元気に生活しています。センターでは入園の翌日から、基本的生活習慣の指導を、指導者から行っています。学園では生活の土台である、基本的生活習慣の定着に向けて、1年間継続しながら、個々の子どもたちに、この指導を行っていきます。

基本的生活習慣=人間が生きていくために必要な生活の土台であり

                  ↓

*生活の土台は心の土台をつくる大切なもの

表記の捉えの中で

 基本的生活習慣は人間が生きていくために必要な生活の土台となるもの。「食事」「排泄」「清潔」「休息」「学習」の5つから成り、これらが自分の力で、きちんとできるようになることが基本的生活習慣であり、個々の自律に向けた力になるものです。学園ではこの五つを『生活』『掃除』『食育』の指導項目に分け、指導案にして約40の生活指導として、子どもたちに展開していきます。

 子どもたちはこの生活指導が一段落すれば、太鼓や踊り、その他の個々の取り組む活動ができるとあって、中3・小6が中心となって声をかけ合って時間を作り、食事前や掃除後に指導を受けています。


145回の閲覧

© 2023 by Name of Template. Proudly created with Wix.com