検索
  • A.

干し柿作り・野沢菜漬け


 12月センター活動が始まりました。今朝の気温はマイナス2℃。薄っすらとセンターの前は雪が積もりました。元気よくセンター入りをした子どもたち。11月収穫祭の疲れもとれ元気いっぱいです。今日は午前中をフリーにして、干し柿作りや自分の畑の黒豆の脱粒をしたりしました。

 学園生の冬のおやつと言えば干し柿です。自分で好きな数だけ皮をむいて、ヒモにかけて、センターの2階ベランダに吊るしました。これから何回か揉んで柔らかくして、2月初めには食べ頃になります。

 『黒豆の脱粒です。これから豆餅をつきます!』

 そして午後は野沢菜漬け活動を行いました。野沢菜は3回霜にあてると柔らかくなると言われていて、全員で畑で収穫をして50kgの野沢菜を漬け込みました。これで冬の保存食として、大根120kgと野沢菜50kgが漬け物として春まで食べられるようになりました。漬けあがりが楽しみですね!


90回の閲覧

最新記事

すべて表示

収穫祭オンライン中継のお知らせ!

皆さま。 過日お知らせを致しましたが、コロナ渦の影響で、今年度24期生の収穫祭に修園生やボランティアの皆さん・来賓の方々の参加を見合わせて頂く状況で、バザーについても縮小実施を迫られている状況です。学園生も収穫祭に向けて個人体験や創作民話劇・太鼓や踊りに一生懸命取り組んできました。学園では1人でも大勢の方々に子どもたちの頑張りを観て頂きたいと思い、初日の収穫発表会につきましては、YouTubeにて

© 2023 by Name of Template. Proudly created with Wix.com